FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘かったぁ~


久しぶりに外に出ました。最近は寒くなったせいもありますが部屋に閉じこもってテレビばかりの日々でますます目が悪くなっているので少しでも外に出て遠くを見ようと思ってのことだったのです。
風は少し冷たかったのですが日差しはそこそこ暖かく、少しの間ならTシャツ一枚でもいいかなぁと鳥が止まる柿の木を見に行くと3コのうち1コが半分ほどついばわれているので無傷のを取ってみると遠目で見ているより色が濃く皮が固い、試しに食べてみたらすごく甘くて美味しい!昔々りんごの南限は埼玉で甘柿の北限は仙台だと聞いたので勝手に渋柿だと思い込んで手をつけずにいたのですが、美味しい柿だということと思い込みの愚かさを鳥に教えてもらいました。
スポンサーサイト

恥ずい!


各別ー格別、コミマーコミケ。前回間違えてしまいました。ちゃんと読み直して確認しなければダメですね。
早いですねもう11月ですよ、今年ははじめからヘルパー不足の直撃を受けて落ち着けた月は一つも無く、また今月も去って行く人がいます。
寒くなってきたので散歩にもまるで出なくなりました。夏場は出入り口の戸を開けっぱなしなので一人でその辺をぶらつく事も出来て、気分転換?も出来たのですが、寒くなると自分で戸を開け閉めできなければ外に出られませんのでね。ならばヘルパーがいる時にでもと思ってもヘルプのプランに入っていなければ駄目で、訪問時間中は一緒にいなければいけないので部屋から一歩も出られません。ヘルパーも第二世代に入って規則、規則にパワハラ、セクハラ、苦手な事、面倒な事はしない!パワハラ、セクハラなどはちょっと強く言ったら、髪切った?も駄目らしい?パワハラは?私の言動はこれまでの人生すべてがそう言われたらそうなので…すみません。
そんなわけで散歩も会話(言葉使い)にも気をつけて生きていますヨ。

地域祭り


今日は住んでいる地域のお祭りでした。場所はいつも月例会をしている近くの市民センターです。朝の7時を待って花火が10発ほどなって、祭り気分を盛り上げますが、スズメたちは踊りません。最近のスズメは日本の古い祭りよりも意味もわからずカボチャ祭りやコミマ?等が良いようですが、地域の祭りはその年の天の恵みを神様に感謝して行っているのです。春には豊作を祈り、秋には豊作を感謝する。古来からの日本の習わしです。あまり粗末にするとバチが当たりますぞ、かくいう自分も「おこわ飯」を買っただけですが、この「おこわ飯」は各別に美味いので多めに買って(競争して並ぶのです)小分けにして冷凍にします。そしてときどき食べるのを楽しみにしています。
その都度、神様に恵みを感謝しながら……。

りんごの木


日増しに秋は深くなって、外に出る事もすくなくなりました。訪れる人もいなくなって楽しみだった庭木も手にかけられる事もなく、ほったらかしの荒れ放題だったのですが、マラソン好きの介護者に無理を言って昨日の午前中にバッサリと枝を切ってもらい寂しいくらいすごくさっぱりしました。なので今年は鳥の分はありませんのでゲンキンな鳥たちのことだから訪問どころか寄り付きもしないでしょう。また一つ寂しくなります……
庭木に構わなくなってからどんどん悪い方へ傾きっぱなしのわたしの生活も、おもいっきり枝を払うことで風通しが良くなって運が上向きになれば良いのですがねぇ。
悪魔払いのように枝を払ってくれた彼は先週「会津」を走り今日の「東北宮城」を走るための身体を休める日だったのに枝切りに駆り出されてどうなんだろうと思っています?。記録はどうでもせめて完走だけはしてください!。

ひさしぶりに


ここ数ヶ月いろんな事がありすぎて、目も見えにくくなって、手術云々等々ありましてすっかりやる気もなくしていました。時代は介護者不足どころかヘルパーも不足していて、わたしのような面倒臭い年寄りの所には寄り付きません?わたしはぎりぎりのところで生活をしているので3時間も一人きりで居るというのは無理なのですが現状ではヘルパーの確保はとても難しくなりました。そこにきて6月あたりからわたしのところに来ているヘルパーが毎月1人ずつ辞めて行き、10月にはとうとう二つの事業所が撤収しました。撤収する時はひどいものですよ、4、5日前にケアマネから来週から「来ません!」と告げられるだけですよ!
人手がなければ生きられない者をいきなり切り捨てる事業所が「猫です〜」とか「スマイル〜」などと、人道的にも劣るモノが如何にも優しそうな名前で大手を振って歩いている。なのにその手を借りなければ地域生活が成り立たない。次に生まれてくる時にはそいつらをぶっ飛ばすくらいの体力を持って生まれたいものだ!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。