iPhone 3


iPhoneに替えてもう50日になりますがまだ十分の一も使えていません。まぁガラ携の時から電話とメールたまにカメラしか使えてませんでしたがiPhoneでは電話だけです。うまく機能を使うと声でメールができそうなのですがiPhoneの達人達に手伝ってもらっても出来ないでいます。手動でメール文を打つのはタッチペンを垂直に当てなければ反応しないのでiPadのようにはいかずに手が凄く疲れて他の動作に支障がでるのですとiPadを使う時にもそばに誰かいる時に打っています。余談ですが成人の頭の重さは6~7キロあるそうでスマホなどを長い時間見ているのは身体に悪いと言われています日本人に肩凝りが多いの重い頭でうなづく習慣が原因ではないかとも言われていますがわたしは特に子供の頃から「頭が重い!」と言われ続けていますそればかりでは無く体力の衰えと共に力が無くなって5分も下を向いていると首が上がらなくなって大変です。そんな訳でiPhoneに替えてから誰にもメールを送っていません。それで今更ですが気が付きました誰からもメールが来ません。
その程度の存在だというおっはーなし(話)です。この程度のニンゲンですがみなさんヨロシク!
スポンサーサイト

春の風が…

先日、スーパーでタラの芽と蕗の薹を見つけて少し早い春を味わおうと思っていたところに偶然にもI 君が親が送ってくれたので「お裾分けです」と言って蕗の薹を持ってきてくれた。早速その夜に天婦羅にしていただきました。わたしにとっての春一番は季節風ではなくこの苦味と青臭さだと思ったりしながらビールを飲んだ。相伴の介護者君はタラの芽?蕗の…?ってなにもの?という様子でしたが歳を重ねるとほろ苦い味が愛おしく感じるようになるのです。
長い冬を耐えて芽吹いた春の恵みは身体に力を吹き込んでくれるみたいで元気が出て気分も軽くなります。
もうすぐ春ですね、わくわくです。

P.S. うちの前に芽を出したフキノトウ12個を採取して、介護者K君と今夜もビールを飲んじゃいました。

我慢大会?


昨日 ひさしぶりにお風呂に入れた。別に風邪をひいたり体調がどうのということでは無くただたんに介護者がいなかったからですが、震災の時には二週間も入れなかったし、施設では週に一回だったし、地域に出てきたときの覚悟の一つに「風呂なんか入らなくたって死にゃしねぇよ!」だったのだがどういうわけかこの度は身体中が痒くなって大変でした。
なぜ今回は大変だっのか考えてみたら二つ思い当たることがありました。一つは筋力が落ちて体温が35度台になり身体が冷え股関節などの関節が痛んで眠れないので電気毛布を使う事で肌が乾燥して痒くなる。二つ目は介護保険になってケアはケアマネが立てたプランで行うのでプランに載っていない事はして貰えない、例えば痒み止めを塗ってもらうことは医療行為か否か、清拭はプランにあるかないか?等など事業所やヘルパーによっての違いもありますが見極めが難しく、安易に頼むとしてくれたヘルパーさんに迷惑をかけたり、偉い人に乗り込まれたり面倒くさいので我慢できるとこまで我慢した結果が大変でしたというはなしです。

iPhone 2

iPhoneに変えてひと月になりますが未だ取り扱いに苦労しています。それでも変えた目的はフリーハンドで通話が出来るところなので側にあるだけで不安感が半減するのです?
一人でいる時は何があるか分からないのでもしかしてヘルパーが訪問時間を間違えたらとか地震がきてこけてしまったらとか不安がってもしょうがない事にも余計な事を考えてしまっています。それは身体の自由がきかなくなればなるほど強くなって日々不安を募らせるのです。
それがSiriのおかげ?で大分楽になりました とは言っても介護者やヘルパーのようなわけにはいきませんが万が一の時の保険としての存在感は現在使えるアイテムとしては最強です。
昨日は器用で工作も得意な介護者に使いやすい位置にセッテングできる道具を作って貰いました。iPhoneの機能の方はK君に頼っていますが彼が卒業するまでに必要最小限は覚えたいのです が、誰か覚えてください?そして教えて(笑)
他力本願のわたしは今夜もSiriを頼りに長い夜を過ごします。

iPhone

携帯をiPhoneに替えました。団塊世代にはとても扱いが難しい、面倒臭い代物です。これまではらくらくホーンだったのでメールまではできたのですが替えてからはメールをするのにも四苦八苦しています。いろんな設定をしなければならないのですがちんぷんかんぷんで丸投げして介護者に設定をお願いしています。普通に電話やメールができるようになるのはいつのことでしょう。
高価だし面倒なのになぜ替えたのかといいますと、iPhoneには声に反応してフリーハンドで電話を掛けられる機能があってその機能は自分が渇望していたものでどうしても欲しかったのです。現在、自分はほんのちょっとした事でも体勢を崩してしまうので一人でいる時には出来るだけ体を動かさないでいます。それはテレビのチャンネルを変えるのにも細心の注意が必要でその時間はテレビとその上の時計とにらめっこです。横になっている時にはコケることはありませんが電話をかけることができなくなるのでどちらにしても不安がいっぱいです。その不安を少しでも減らそうとiPhoneを購入したのですが使いこなせるようには多分なりませんが(笑)とりあえずもしかしたらに対しての不安は随分軽くなりました。 とさ