5日間

何十年ぶり?いいえ初めてかもしれません。介護者も訪ねてくれる人もなく過ごした5日間のことです。もちろんヘルパーさんはいつもと変わりなく来ていましたが仕事で来ているので少なからずの緊張感と距離感を持って接しなければならないので独りの時より疲れたりするのです。介護者のいない時には1日15時間車椅子に乗っているので尻や股関節が痛くなって22時頃からは我慢です0時半に横にしてもらっても痛みがあったり翌日まで残ったりします。1日2~3回湿布を替えても追いつきません。こんな時一番の良薬はキンキンのビールなのですが介護者のいない時には飲めません!酔い過ぎたり寝ぼけたりしたら大袈裟ではなく命取り?になりかねませんし、その前に人様に迷惑をかけてしまいますからね。そんなわけで精神面、身体面の深いところまで介護者の存在と重要性を痛感した5日間でした。(感謝)!
今夜は飲むぞー!今夜は居るからねぇ、とっておきのビールを冷やさないとね。
スポンサーサイト

ストレス?/ひと足早い

ストレス?
今日も外は雪がちらついてまだまだ寒い日が続いてますが節分、立春と過ぎ毎日春が近づいてきているのを感じます。春はみんなが待ち望んでいるのに自分的には気が重いとしたものがあるようでここ3週間ほど胸やけのような症状が続いています。自分の場合ストレスは一番弱っているところにくるので持病?の逆流性食道炎のところを執拗に攻撃されている気がします。昨日、往診のDrにいつもの薬プラスで処方して貰いました。効いてくれるといいのですが、一番の良薬は抜けてしまう時間枠の次のヘルパーさんが見つかる事なのですが難しいのです。見つかったとしても事業所や担当ヘルパーさんによって内容が違うので対応の仕方を掴むのに時間が必要ですし介護者会議への参加する時のケア内容もどうか柔軟性のある対応を望んでいるのですが~とりあえずは事業所を探さないと食道炎が……。

ひと足早い
このところ少し暖かい日があったからでしょうか駐車場の傍に早々と蕗の薹が出ました。毎年の楽しみなのでまだ小さかったのですが5個ほど摘みました。蕗の薹の為にも(?)調理をして貰うなら料理の上手いヘルパーさんの時がベスト!だと思って?です。早いですねスーパーにはもう山菜が並んでいるそうでコゴミとタラの芽を買ってきて貰い、筍、大葉などと天婦羅にしていただきました。口に入れて噛んだ時の香りとビールで流し込んでからの口に残る苦味。わたしにとっての春の使者はビールを美味くしてくれて少し元気を置いていってくれました。
窓の外は風が強く時折風花が舞っています。春になるにはもう少し待たなければ……ですね。