老化?


前回の「夏休み」の中の「まどろっこしく…」の一文がしっくりしなくて、と言うか何か違う表現があったはずと思うのにいくら考えても出てこず思い出すのに2日ほどかかってしまいました。やっとこさ思い出したのは「もどかしい」でした。自分以外の人にはどうでもいいことでしょうが思い出す作業が大事なので人や物に頼らないようにしています。ところで夏(休み)といえば「ひまわり」が代表的ですがもうすぐ8月になるというのにどこにも咲いていません。私の周りだけなのでしょうか?朝顔もあまり見かけませんし気の抜けたさびしい夏です……。
スポンサーサイト

夏休み


夏休みになったのにラジオ体操の音も子供たちの声も聞こえてこない、大人たちの事情かも知れないが世知辛い世知辛い……。ニュースでは英語の授業時間を設けるために夏休みの期間を10日ほど短くしている学校も出てきている?というようなことを言っていましたが。
自分が子供だった時の夏休みはなぜか早く起きだして集落の真ん中あたりの杉木立の中に子供には読めない字が彫ってある大きな石碑の神様を祀ってあるところに集まってムシロを敷いて半分ふざけ合いながら宿題帳をやりました。上級生の「今日は終わり」の声が待ちどうしく、早起きしすぎて眠ってしまう子もいたりで木立を渡る風が気持ちよいのでした。この朝ごはん前の蝉が鳴き出すまでの時間が好きでした。今朝羽化したばかりの蝉たちが羽の乾くのを待って一斉に鳴き出し、オニヤンマが川面を行き来し始める頃、わんぱくたちは10時になるのを待ちきれず自転車を漕ぎ、欄干橋を渡り土手を走り草むらに自転車を放り出して、服を脱ぐのもまどろっこしく、もう充分に熱くなった河原の石をぴょんぴょん交して川に飛び込む、夏休みの間毎日見られる光景でした。
去年飛び込めなかった高さへ挑んだり、昨日より深く潜ったり、年長と同じ岸まで泳いだり、スイカに塩を振ってみたり、なぜか浴衣姿に胸がときめく盆踊りだったり等など……。
男の子は夏休みに成長するのです。