鯉のぼり


5月になって過ごしやすくなりました。わたしも暖かな日差しに誘われて少しずつ外に出るようになりました。半年ぶりの散歩道は園児たちのはしゃぐ声に道端のタンポポ、風にそよぐ若葉たち、見るものすべてが命に溢れています。景色も変わっていて空き地だった処と畑だった処に新しい今風な家が建っていました。半年前まで好き勝手に歩き回っていた道をヘルパーさんと廻る。萎えた指はわたしの言う事を素直には聞いてくれません。気づいた事は他にもあります新しい家に限らずところどころの家にも小さな洗濯物は列んでいるのに見渡す限りには鯉のぼりが見えません。瓦の屋根も少なくなって、甍の波も、柱のキズも屋根より高い鯉のぼりも昔になってしまうのですね。。今日はみどりの日、明日は端午の節句子供の日です。鯉のぼりを上げる意味や、なぜ柏餅を食べるのかを知ってますか?子供の日に限らずいわれや思い入れを知ると先人の知恵と教えに少しだけ特別な日になるかも?です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)