カラオケ行ったよ

月例会でスケジュール会議の後持ち寄りで酒を飲み、勢いをつけてカラオケに行った。皆んなでガヤるのは久しぶりで、このところストレスが溜まり放題だったので発散できるのを楽しみにしていたのですが世代のギャップはあまりにもあり過ぎて、老兵は消えさるのみといったさまでしたよ。皆んなでカラオケに行くと私の順番になると皆んな部屋を出て行くのは今回も例外ではなく、私の介護者と逃げ遅れた(?)人の3人だけで大きな部屋で疎外感を歌ってやったのです。それにしても半年前に比べても驚くほど声が出なくなっていて遠藤実の曲ですら息が続かない、一曲歌っただけで疲れてしまうカラオケってこんなに体力を使うんだと実感しました。そんな爺さんと違い若者たちは新しい歌によく出る声で上手に歌い上げている。それにしても現在の若者は歌がうまい、私の歌う歌は古過ぎて歌詞の持つ意味もわからないようで、わたしには今のよくわからない英語の歌詞がふんだんに入っている方がわからない、ノリですノリなどと言われても…ジェネレーションギャッブ以上のものがあるようで、残念ながらこれでは部屋を出て行く気持ちも解ると納得した一夜でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)