たけのこ

20140607212724c5f.jpg


雨後の筍、と言いますが雨が降らなくともよく伸びて摘むのに手間をとられています。たけのこは摘むとは言わないでしょうがわたしは摘んで捨てているのです。
この捨てられるたけのこは10年近い前に介護者と散歩の途中捨てられているのを拾ってきて部屋の前の植込みのところに植えたものです。わたしの部屋からは隣の棟と駐車場しか見えず、季節感どころか風の有無も感じることができなかったので、いろんな苗木を買ってきてそれぞれが植えた介護者を思い出す記念樹になっています。
竹は3年ほどしてから少しづつ増え出し、初めの頃は毎年今頃が楽しみで毎日数えたりして、七夕飾りを付けたいという人にあげたり器用な介護者に針金ハンガーと手頃な竹で鉤棒を作って貰い届かないものを引っ掛けて手元に引き寄せたり、頭など掻く便利棒として使っていますがここ数年増えすぎたのとコンクリートの囲いの中に植えたのですが、驚くほどの生命力でコンクリートの下の土のところまでかい潜り他の部屋の植込みにまで侵略しはじめたのです。放ったらかしにしておいては数年で竹藪になってしまい周りに大変な迷惑をかけてしまうので、毎日毎日たけのこのうちに欠いては捨てているのですが、向こうは向こうでこれでもかと芽を出して竹になろうと空を目指し、わたしはそうはさせじと目を光らせる。
そんな攻防戦が続いているこの頃ですが梅雨に入ると今年の合戦も終わります。 もうすぐです。
え~、もう入梅!! (この文は5日の夜に書きました)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)