せいかつ3


地区介護者会議と出会うまでの3年間いろんな人の親切や協力でどうにか暮らせていましたが、人の言葉に耳も貸さずお礼の言葉も口にしないカッコだけの王様は寂しい王様になりました。
地区介の介護者と知り合うまでは障害者など社会的に弱いと言われる人へ手を貸してくれる人たちは全てボランティアと一括りに思っていたわたしには介護者は驚きでした。それまでわたしの周りにいた人達は数人を別として最初に「障害者だから」「障害者のくせに」があったように思います、同情とか憐れみの上での関係は蜘蛛の糸よりも頼りなく細いものだということはずっとずっと子供の頃から意識しているのに勝手に頼ったりあてにしていましたが案の定!?だったのに対して介護者はわたしを好きとか嫌いとかのレベルではなく、差別社会の中でどう生きて行くのかとするところで介護を続けてくれていたのです。そうした思いに気付いているのかないのか私の我儘振りは傍若無人的に発揮され続いたのです。そうした態度では本当の善人にも遠ざかられるのも当たり前で毎日寂しくなりました。介護者たちのおかげで続けてこられた地域生活ですが震災後のここ数年特に地区介護者会議への参加者が少なくなり、私の生活もヘルパーへの依存が年を追う毎に多くなっています。
身体が動かなくなって介護者も少なくなるとヘルパーに頼るしかなくなります。然し今日日のヘルパーはそうしたこちらの足元を見透かした人が多く居て30年前の施設職員のように人を見下してきます。介護にお金が介在することについては地区介でも何度か議題になっていろいろ議論しましたが結局は地区介の理念とは違うということで終わりました。介護を仕事とすると当然いろいろと規制や条件が出てきます。そうしたところは概ね理解しているつもりですがわたしの大きなストレスとなっているのは個々の対応の仕方です。
わたしは24時間介護を必要としていますしそのほとんどをヘルパーにお願いしてどうにか暮らせているところです。24時間のケアを埋めるには一事業所では無理なのでわたしのところには8事業所の人に入ってもらっていますが各事業所夫々に特色があります。業績重視、時間重視等色々ですが内容重視とはなかなかいかないのが現状です。わたしにとっては普通の事なのに「できません」「知りません」と言われては諦めるしかありません。ヘルパーには気を使います。何度も同じ事を言わされた時、仕事を覚えない時などにちょっと大きな声を出すと逆ギレされます。料理が不味いとか、オマエなどと言ってしまったものなら猛烈な抗議を受け二度と来なくなります。大声やオマエなどと言ってしまうにはそれなりに理由があるのですがねぇ… 言わないに越したことはありませんが逆ギレするのは「やってやっている」という意識や「感謝されて当然」と思っているのではないのですか?一生懸命やっても一時間、出来ませんでも一時間?利用者には選択権がありません。弱者の居場所は30年前に戻ってしまいそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)