年賀状


そもそもの始まりは一般の人が見本品を持って郵政省関係に提案したのが採用されて「お年玉番号」を付けたことでブレイクしたと言います。ところが最近の風潮としてメールなどで新年の挨拶を済ます傾向にあるそうです。かく言う私も最近はあまり書かなくなっています。それは体力的な問題が一番ですが歳をとるにつれてそうしたお付き合いをしている人たちとの交換が難しくなっていること、お互いに喪中が多くなったりでです。
すこし前までは子供の写真とか飼い犬の写真や印刷だけの物はいらねぇよと思っていましたが自分が書けなくなってからは印刷だけの年賀状にも差出人の気持ちが感じられるようになりました。特に私の所に届く年賀状にはミミズが這ったような字で配達人泣かせの物が何枚か有ります。でもそれは手が不自由だったり、手が使えず足で大変な思いで書いて送ってくれているのです。その一枚に込められている思いに素直に感動している自分に驚いたりしています。
新年一番に届けられる挨拶状、ダイレクトメールとは違い心のこもった一枚が来てくれましょうか? 結果はあと10日後に……
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)