秋です。


立秋と共にそれまでの暑さが嘘のように天候が悪くなり、また嘘のように毎日と言っていいほど雨が続いていました。9月に入り2~3日晴れて夏物を洗濯してしまおうと空の機嫌をうかがっていたらとんでもない大雨がやってきて栃木の鬼怒川が氾濫して多くの人が被害に遭っていた。宮城の大崎平野も氾濫して家も田圃もみる影も無くなっている映像をテレビで見てあの3,11を思い起こしました。大雨が仙台を通過する夜は泊まりの介護者がいなくて一人でテレビを観ていましたが時折音がかき消されるほどの強い雨音に不安を感じていたところに夜中の3時30分過ぎに名取川が警戒水域に達して避難勧告が出ましたよなどと言うのですぐにラジオをつけて余計な心配をしながらマンジリもできずに朝をむかえました。まわりが明るくなるとあの心細さは何処へやらで朝一のヘルパーが来てくれた頃には空も落ち着いたみたいで名取川も氾濫することも無く少しづついつもの日常に戻りはじめていました。
いまの時代どこで何があっても不思議は無く天災、人災。今朝もテレビで何処かの老人ホームで立て続けに3人が転落死……と言っていた。老人が増え障害者も増え面倒を看る金も人手も足りない事を盾にされると手のかかる者たちは黙るしか無い。敬老の日とかシルバーウィークってなんだろう?
(ゴールドからのシルバーとは知ってますよ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)